EML [Every Media Life]


 notice(お知らせ)
 new→ ページトップに戻るボタンを追加しました。ブラウザのキャッシュ削除で反映されます。よろしくお願い致します。
 ※スマートフォンでは、ページの読み込みが終わる前にスクロールすると、広告のサイズが正しく表示されない場合があります。
 ※サイト表示が見づらいと感じられましたら、ブラウザのキャッシュ削除をお試しください。
 

EML [Every Media Life] > 投稿一覧 > 今に繋がる神話伝承 > ギリシャ神話 > 《空間の神》カオスの一族、
《地下と幽冥の神》エレボス、《夜の神》ニュクス、《天空の大気の神》アイテール、《昼の神》ヘーメラの基礎知識
/ギリシャ神話

《空間の神》カオスの一族、
《地下と幽冥の神》エレボス、《夜の神》ニュクス、《天空の大気の神》アイテール、《昼の神》ヘーメラの基礎知識
/ギリシャ神話

カテゴリ:ギリシャ神話
 

ギリシャ神話におけるカオス


 
何の神か空間、無限

1.
 原初の神。有限な存在全てを超越した無限を象徴し、その名は「大口を開けた」「空(から)の空間」を意味する。これは何も無いうつろな空間という意味ではなく、あらゆるものを生み出す場としての空間である。カズム(裂け目)と呼ばれることもある。

 世界(宇宙)が始まるとき、物質や生命が存在を確保できる場所が必要であった。何もない無の空間に最初にカオス(空間)が存在し、続いてガイア(大地)、タルタロス(奈落)、エロス(恋心・性愛)が生まれた。
カオス
カオス/エレメンタルストーリー
©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.
※画像をクリックで拡大
 
息子エレボス
ニュクス

2.
全ての神々や英雄たちの祖にあたる存在である。配偶神はいないが、息子に幽冥の神エレボス、娘に夜の女神ニュクスがいる。


<PR>
 

ギリシャ神話におけるエレボス


 
何の神か幽冥、あの世
冥土、黄泉路
地下の暗黒

1.
 原初の幽冥(黄泉路、冥土、あの世)を神格化したもの。名は「地下世界」を意味する。地下の暗黒の神でもあることから、しばしばタルタロス(奈落、地獄)と混同されるが同一ではない。
エレボス
エレボス/エレメンタルストーリー
©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.
※画像をクリックで拡大
 
父:カオス
兄弟エレボス
姉妹ニュクス
ニュクス
息子アイテール、カローン
ヘーメラ

2.
カオスの息子。ニュクスの兄にして夫であり、娘に昼の女神ヘーメラ、息子に天空神アイテール、冥界の河の渡し守カローンがいる。
 母ニュクスと娘ヘーメラが夜と昼の対、父エレボスと息子アイテールが地下の暗黒と上天の光明の対となる。


<PR>
 

ギリシャ神話におけるニュクス


 
何の神か

1.
 夜の女神。夜の神格化。その名はギリシア語で夜を意味する。
 ホメロスによると、ゼウスにさえ恐れられ尊ばれている女神であるという。

 世界の西の果ての地下に館を持ち、昼の女神ヘーメラと共有で使っている。ニュクスが世界を巡って夜をもたらしている間はヘーメラがここに待機し、ヘーメラが世界を巡って昼をもたらしている間はニュクスがここに待機する。そのため、二人が共に館にいるのは、昼と夜の境目の一瞬だけである。
ニュクス
ニュクス/エレメンタルストーリー
©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.
※画像をクリックで拡大
 
父:カオス
兄弟エレボス
姉妹ニュクス
エレボス
息子アイテール、カローン
ヘーメラ

2.
 カオスの娘。エレボスの妹にして妻であり、娘に昼の女神ヘーメラ、息子に天空神アイテール、冥界の河の渡し守カローンがいる。

 
息子モロス、タナトス、
ヒュプノス、オネイロス、
モモス、オイジュス、
ゲラス
ケール、クロト※、
ラケシス※、アトロポス※、
ネメシス、アパテ、
ピロテス、エリス
※…諸説あり

 また、単独で多数の神々を生んでいる。モロス(死の運命)、ケール(戦場の死)、タナトス(死)、ヒュプノス(眠り)、オネイロス(夢)、モモス、オイジュス(苦悩)、モイライ(運命の三女神、クロト、ラケシス、アトロポスの総称)、ネメシス(懲罰)、アパテ(欺き)、ピロテス(愛欲)、ゲラス(老い)、エリス(争い)である。

 ヘシオドスの神統記で、パンドラが開いた甕(または壺、箱)の中から出てきた災厄には、これらも含まれているとされる。


<PR>
 

ギリシャ神話におけるアイテール


 
何の神か天空、大気

1.
 天空神。天空の上方にあるとされる澄み渡った輝く大気の神格化である。天空神であることからウラノス(ガイアの息子)と混同されることがあるが、同一ではない。
 神々の王権が成立する以前の、原初神の1柱。
[蒼穹神]アイテール
アイテール/ユニゾンリーグ
© Ateam Entertainment Inc.
※画像をクリックで拡大
 
父:エレボス
母:ニュクス
兄弟アイテール、カローン
姉妹ヘーメラ

2.
 ヘシオドスによると、エレボス(幽冥)とニュクス(夜)の息子で、ヘーメラ(昼)の兄弟であるとされる。
 母ニュクスと娘ヘーメラが、夜と昼の対として表裏一体であるように、息子アイテールと父エレボスは、上天の光明と地下の暗黒を示し表裏一体となっている。

 一方ヒュギーヌスは、アイテールはカオスの息子で、エレボス、ニュクス、ヘーメラと兄弟であり、ヘーメラーとの間に娘のガイア(大地)、タラッサ(海)、息子のウラノス(空)がいるとしている。


<PR>
 

ギリシャ神話におけるヘーメラ


 
何の神か

1.
 昼の女神。その名はギリシア語で「昼」「昼の光」を意味する。昼が神格化された神である。
 神々の王権が成立する以前の、原初神の1柱。ヘーメラの誕生は太陽神ヘリオスよりも古い。
真昼の女神 ヘーメラ
ヘーメラ/ユニゾンリーグ
© Ateam Entertainment Inc.
※画像をクリックで拡大
 
父:エレボス
母:ニュクス
兄弟アイテール、カローン
姉妹ヘーメラ

2.
 ヘシオドスによると、エレボス(幽冥)とニュクス(夜)の娘で、アイテール(高天、清澄な大気)の姉妹であるとされる。

 一方ヒュギーヌスは、ヘーメラはカオスの娘で、エレボス、ニュクス、アイテールと兄弟であり、アイテールとの間に娘のガイア(大地)、タラッサ(海)、息子のウラノス(空)がいるとしている。


<PR>
 

関連性を感じる商品・企業等のご紹介


 ※在庫数は日々変動します。出品者情報、価格、発売日はリンク先でお確かめください。
 ※中古品、電子書籍など細部を確認しましょう。
 ※家電や家具、楽器など、体積や重量の大きい製品は、量販店等で実物を確認してから購入することをおすすめします。
 ※基本的に、当サイト管理人自身も興味のある商品を紹介しております。
 ※枠内の商品は楽天スーパーSALEのものです。