EML ※記事移行中


 notice(お知らせ)
 

サイト記事移行先 → ねねェの遊ぶろぐ!


 ページトップに戻るボタンを追加しました。ブラウザのキャッシュ削除で反映されます。よろしくお願い致します。
 ※スマートフォンでは、ページの読み込みが終わる前にスクロールすると、広告のサイズが正しく表示されない場合があります。
 ※サイト表示が見づらいと感じられましたら、ブラウザのキャッシュ削除をお試しください。
 

EML ※記事移行中 > 投稿一覧 > 今に繋がる神話伝承 > ギリシャ神話 > 《愛と美の神》ウェヌス、アフロディテの基礎知識
/ローマ神話・ギリシャ神話

《愛と美の神》ウェヌス、アフロディテの基礎知識
/ローマ神話・ギリシャ神話

 

ローマ神話におけるウェヌス


 
何の神か愛、美
菜園
対応する=
ギリシャ神
アフロディテ

1.
 本来は菜園の神であったが、ギリシャ神話の伝来によってアフロディテと同一視されるようになり、愛と美と金星を司るようになった。ラテン語圏では、金曜日はdies Veneris(ウェヌスの日)と呼ばれた。
 記号の「♀」はウェヌスを意味し、「愛」「女性」「金星」を象徴する。
 英語読みでヴィーナスと呼ばれる。
覚醒ヴィーナス
ヴィーナス/パズル&ドラゴンズ
© GungHo Online Entertainment Inc. All Right Reserved.
© AppBank Inc.

※画像をクリックで拡大
 
ウルカヌス
愛人アンキセス
息子アエネアス
愛人マルスメルクリウス
アドニス

2.
 ウルカヌスの妻であるが、アンキセスとの間にアエネアスという息子がいる。また、マルス、メルクリウス、アドニスとも関係を持つ。娼婦の守護神としての側面もある。
 ローマ建国の祖であるアエネアスの母として、軍神として奉られることもある。


<PR>
 

ギリシャ神話におけるアフロディテ


 
何の神か愛、美、性
植物、豊穣、春、多産
対応する=
ローマ神
ウェヌス
聖獣イルカ
聖鳥白鳥、鳩、雀、燕
聖樹薔薇/バラ
花梨/カリン
芥子/ケシ(ポピー)
銀梅花/ギンバイカ
聖地キプロス島

1.
 愛と美と性を司る女神。
 元来は、古代オリエントや小アジアの庭園や公園に祀られていた、豊穣多産の植物神・地母神・春の女神であったと考えられている。
 戦の女神としての側面も持ち、スパルタやコリントスでは、アテナのように甲冑を着けた軍神として祀られていた。

 愛の女神として自ら恋愛をする一方で、他の神々や人々にも恋愛をさせることにいそしむ。しばしば愛の神エロスと共にいる姿も描かれる。エロスは、紀元前5世紀の古典期以降からアレスとアフロディテの子供として伝えられるようになったが、元々は原初の神の1柱であり親はいないとされる。
究極アフロディテ
アフロディテ/エレメンタルストーリー
©Studio Z, Inc. All Rights Reserved.
※画像をクリックで拡大
 象徴は真珠、帆立貝、林檎。牡山羊や鵞鳥(ガチョウ)に乗った姿で描かれることもある。

 アフロディテはキュプロスの女神でもあり、キュプリスと呼ばれる。また、キプロスの都市パポスにちなみ、パピアー(パポスの女神)と呼ばれることもある。
 キプロス島には、サンドロ・ボッティチェッリによる絵画「ヴィーナスの誕生」でモデルとなった海岸線がある。
アフロディテ
アフロディーテ/モンスターストライク
©XFLAG
© AppBank All Rights Reserved.

※画像をクリックで拡大
 
父:ゼウス
母:ディオネ※
ヘパイストス[離婚]
愛人アレス
息子ポボス(フォボス)、デイモス
エロス、アンテロス
ハルモニア
愛人ヘルメス
息子ヘルマプロディトス
ペイト※
愛人アンキセス
息子アイネイアス
愛人アドニス
愛人ディオニュソス
息子プリアーポス※
ペイト※
愛人ポセイドン
※…諸説あり

2.
 泡から生まれて、ゼウスの養女となったという説と、ゼウスとディオネの娘という説がある。
 ヘパイストスの妻であるが、アレス、ヘルメス、アドニス、アンキセスなど多くの愛人を持つ。
 アドニスは、猪に変身したアレスによって命を落とした。


<PR>
 

関連性を感じる商品・企業等のご紹介


 ※在庫数は日々変動します。出品者情報、価格、発売日はリンク先でお確かめください。
 ※中古品、電子書籍など細部を確認しましょう。
 ※家電や家具、楽器など、体積や重量の大きい製品は、量販店等で実物を確認してから購入することをおすすめします。
 ※基本的に、当サイト管理人自身も興味のある商品を紹介しております。
 ※枠内の商品は楽天スーパーSALEのものです。